2016年11月15日

温故知新。[クリード チャンプを継ぐ男]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『クリード チャンプを継ぐ男』
製作:2015年・アメリカ
監督・脚本:ライアン・クーグラー
脚本:アーロン・コヴィントン
出演:マイケル・B・ジョーダン、シルヴェスター・スタローン、他
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


突飛、斬新、衝撃的、目新しい、etc…

映画を観初めて、単館ものを好んでいた若き日の私は、
上記の類の作品を好むことが多く、
古き良き、クラシックな良作を結構スルーしていました。

その中でも、敬遠していた「ロッキー」。

スタローンとシュワルツェネッガーとヴァンダムは、
何を見ても一緒だ、と、何かで読んだのを鵜呑みにしていましたが、
映画をたくさん観るようになって、
製作者としての在り方は、スタローンだけ異なる印象を持ちました。

「ロッキー」シリーズは、何と「ファイナル」から観たという
非礼にも程がある私が、
分かっていても熱くなる、という不思議な感覚のを体感しました。

年とったせいですかね。
でも、悪くないです。

-------------------------------------------------------
ボクシングのヘビー級チャンピオンであった
アポロ・クリードの息子、アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)。
さまざまな伝説を残したアポロだが、彼が亡くなった後に生まれたために
アドニスはそうした偉業を知らない上に、父との思い出もなかった。
それでもアドニスには、アポロから受け継いだボクシングの才能があった。
そして父のライバルで親友だった
ロッキー(シルヴェスター・スタローン)を訪ねて
トレーナーになってほしいと申し出る。
-------------------------------------------------------


私は、過去作に疎い分、各登場人物に思い入れはないですが、
隣で観ていた相方は、全シリーズ観ている分、
あのキャラは今、的な楽しみ方をしていて、何だか羨ましかったです。

恐らく、本作は彼のような観客を主なターゲットとしている
究極のファン・ムービーだと思います。

現役の時、ライバルと謳われた相手の息子・アドニス。
自分の息子が、同じ道を進まなかったことを、
理解しつつも寂しく感じていたであろうロッキーの、新たな光。
最初はトレーナーの依頼を断るも、少しずつ火がつき、心を開き、家族同然になっていく過程は、
王道ではありますが、微笑ましいし、非常に感動的です。

それと、これはロッキーシリーズの特徴らしいのですが、
悪い人が、(ほとんど)おらず、周りが皆良いヤツで、
そのおかげで、物語の展開を邪魔しない。
※ほとんど、と書いたのは、個人的には、幼馴染みという人が、良いヤツに思えなかったからです。

加えて、アドニスが、物凄くストレートで、且つ素直。
しかも賢いし、スマート。フェミニストであり親思い。極め付けは、イケメンときてる。
なんなの、もう。言うこと無いじゃないですか。


シリーズに関して語れる知識が、私には無いのが悔やまれますが、
ストーリー運びは、極めてスタンダードですが、
そこかしこに、旧作のエッセンスを入れることで
新しくも、回顧的になっているようです。

例えば。

旧作ほとんど見たことない私でも知っている、
ロッキーのトレーニングシーンや、ランニングシーンは、
やっていることを、ほとんどなぞっているようでいながら、
且つ、新しい要素(ウィリーで並走するバイクとか。)も入れている。
恐らく、私が知らないだけで、他にも色々とあるのだと思います。

更に。
今回は、アドニスが対戦相手と戦うのと同時に、
年老いたロッキーが、病気を相手に戦うのですが、
立ち向かう2人の姿勢、さらに、昔戦っていたロッキーの姿ともリンクして、
長い時間を超えて戦う男たちの姿が、非常に頼もしく、美しいです。

最後のシーンでも、相方が教えてくれましたが、
現役の頃にやすやすと駆け上がっていた階段を
年老いたロッキーが、一段一段、しんどそうに上る様に、
ひとつの時代が終わりに向かっていることの寂しさを感じるけれど、
てっぺんから見る太陽の光が、新時代の幕開けも表している。

何というか、1つ1つのシーンが、
「ロッキー」を好きな人達が、
「ロッキー」を好きな人達のために、
想いを込めて撮ったような、そんな映画でした。


王道をなぞるも古臭くならず、
新時代への希望的要素も含んだ、バランスの良い傑作です。
予想外の展開は何ひとつ起こらないのに、
気を抜くと泣きそうでした。

古きを温め、新しくを知る。

まさしく本作のためにあるような言葉ですね。


シリーズ全作も、
ちょっとずつ、観てみようかと思います。
posted by tanako at 00:20| Comment(0) | それでも洋画には勝てない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

いいぞ、もっとやれ。[ジョン・ウィック]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ジョン・ウィック』
製作:2014年・アメリカ
製作総指揮:キアヌ・リーブス
監督:チャド・スタエルスキ
脚本:デレク・コルスタッド
出演:キアヌ・リーブス、ウィレム・デフォー、ミカエル・ニクヴィスト、他
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


個人的「見逃した映画」鑑賞会、続行中。
これ、映画館で観たかった・・・。本当に観たかったよ・・・。

-------------------------------------------------------
伝説的な暗殺者として裏社会にその名をとどろかせるも、
殺しの仕事から手を引いたジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)。
暴力から遠く慣れた毎日に安らぎを覚えていた彼だったが、
それをロシアン・マフィアによって奪われる。
怒りと憎しみに支配された彼は、封印していた殺しのスキルをよみがえらせ、
ロシアン・マフィアへのリベンジを果たすことを決意し……。
-------------------------------------------------------


あらすじだけ見ると、私が毎度引き合いに出す、
韓国映画の名作「悪魔を見た」を彷彿とさせます。

実際、ちょっと似てます。

愛する人、もしくはその忘れ形見を奪われて、
復讐に走る、滅茶苦茶に強い(重要)男の話。

どちらも私は好きですが、
「悪魔を見た」は、対峙する"悪"が重過ぎるのに対し、
本作は"悪"が、わりと小物です。

だが、それがいい。

"怒らせたらヤバイ"感は、ビョン様もキアヌも同様なのですが、
ビョン様がどんどん深みにはまっていくのに対し、
キアヌは非常にスマートで、且つ淡々としています。
恨みの深さは同じくらいなのだけど、
サスペンスとコメディ、くらいの温度差。

ちなみに、私はどっちもかなり好みなのですが、
ポップコーン片手に見る娯楽作として、
「ジョン・ウィック」の方が、多くの人に好まれるとは思います。


キアヌ演じるジョンが、
亡くなったばかりの妻が残してくれた子犬と共に、
人生をやり直そうとした矢先(もうね、ほんとに矢先ですよ。)、
奪われる、子犬の命。

まずね、びっくりする程、この子犬が可愛いんですよ。

2日しか一緒に居なかったはずのキアヌの思い入れとか、
愛する妻を失ったことと重ねての悲しみとか、
そういうのひっくるめて怒りに変えて『マジあいつ殺す。』というテンションも、
子犬の可愛さだけで、他の説明は一切不要。

だが、それがいい。(2回目)

更に良いのは、脇役面々。
キアヌを怒らせたことへの、焦り方。

別に全員がオロオロしてるわけじゃないんだけど、
『アイツを怒らせたらヤバイ。』という焦燥感を、
各々の立場で、ちゃんと表現しているのが良い。

キアヌに味方する人、
とにかく逃げる人、
怯えながらも、立場上敵対してみる人、
様々ですが、一貫してみんな『アイツはヤバイ。』と感じてる感が伝わり、
ともすればコメディ的な視点でも、非常に面白いです。
相方と私は、終始爆笑していました。

ちなみに。

正直、アクション映画での、こういう"笑っちゃう"要素って
B級になりそうな危うさもありつつ、
でも、観客を満足させる要素の1つでもあると思うのですよ。
アクションとか、残虐描写が凄過ぎて、笑っちゃうこと、
私はよくあるんですが、本作も然りでした。
スタッフも完全に分かってやっていると思うなあ。

だが、それがいい(3回目)。潔いです。

それと、キアヌ演じるジョンには、
人物設定と背景に加えて、周囲の人々の協力体制があるので、
ピンチらしいピンチが無いのですが、
ストーリー展開にストレスなく入れるし、
話がサクサク進むから、テンポも良いので、
個人的には、これもかなり良い要素の1つでした。


ちなみに、今更ですが。
キアヌのアクションは、言わずもがな素晴らしかったです。
ガンアクションも美しいし、
体術もキレがあって、力強い。

顔はスマートイケメンなのに、アクションは肉体派なキアヌ。
ハリウッドのゴシップ記事では、何だかダメ人間扱いされてるのをよく見るので、
こういう、超絶カッコ良いキアヌを見ると、勝手ながら安心しますね。



世間の人々が、
『「怒りのデス・ロード」SUGEEEEEEーーーーー!!!!』
みたいなテンションで盛り上がっている中、
『「ジョン・ウィック」ヤバーーーーーイ!!!!!!!!』
と、DVDで盛り上がれる私は、ある意味幸せかも。
スマートな感想書きたかったんだけど情熱冷めやらず、こんな感じでスミマセン。

勿論、個人の好みの問題だと思うので、
どちらが優れているとかの話ではないですが、
オススメを聞かれたら、私は迷わず「ジョン・ウィック」です。

posted by tanako at 23:43| Comment(0) | それでも洋画には勝てない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

水と砂漠と、男と女(男前)。[マッドマックス 怒りのデス・ロード]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
製作:2015年・オーストラリア/アメリカ
監督・脚本:ジョージ・ミラー(『マッドマックス』シリーズ、『ハッピーフィート』)
脚本:ブレンダン・マッカーシー、ニコ・ラソウリス
出演:トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、他
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


去年の色々なレビューサイトを見る限り、
盛り上がり方が、何だかおかしなことになってやしないですか?

何かみんな、徹夜明けみたいなテンションで書いてて、
それでも軒並み絶賛されている。

そんな中、相方がその熱に当てられて鑑賞し、
『俺には分からない・・・』と悩みながら帰ってきたことから
逆に興味が湧いたので、DVDを待ってようやくの鑑賞。

「マッドマックス」シリーズを1作も観たことが無い私が、
この作品をああだこうだ語るのは、どうかと思いますが、
やはり、ちゃんと過去作を見なくてはいけないなと改めて実感した次第です。

-------------------------------------------------------
資源が底を突き荒廃した世界、
愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックス(トム・ハーディ)は、
砂漠を牛耳る敵であるイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)の
一団に捕らわれ、深い傷を負ってしまう。
そんな彼の前に、
ジョーの配下の女戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、
全身白塗りの謎の男、そしてジョーと敵対関係にあるグループが出現。
マックスは彼らと手を組み、強大なジョーの勢力に戦いを挑む。
-------------------------------------------------------


私は"マッド"な状態のマックスを見たことがないので、
本作だけ見たら、何をもって"マッド"なのか、正直全く分かりません。

アクションとか、対応力とか、筋肉とか、熱量とか、
それが"マッド"だ、と言われてしまえば
そうなのかと納得するしかないのですがね。

本作を一言で表現するとすれば、超有名なセリフを借りて、こう言います。

『考えるな。感じろ。』

正直、それ以外ありません。

初心者にはハードルが高い、という前提ありきで
映画作品として、あくまでも私には、ハマらなかった。
要因は色々と思い当たります。

まず、主人公が、地味。

いや、単体では物凄い存在感なのだけれど、
周りが、個性の塊みたいなキャラばっかりで。
白かったり、黒かったり、
ナイスバディだったり、男前だったり、
大きかったり、赤ちゃんだったり。
ともすれば、マックス普通じゃね?と感じてしまう。
埋もれちゃったんですよね、残念ながら。

次に、行動原理が不明。

これはシリーズ前作を観てない私が、理解できないのが悪いのでしょう。
初心者故の置いてきぼり感。

更に、平坦な背景。

荒廃した世界が舞台なので、これも仕方ないのだけど、
見渡す限りの、砂漠・砂漠・砂漠。
平坦な風景と、キャラクターの個性のチグハグ感は
それはそれで面白いのだけど、
頭の固い私には、途中からついていくので精一杯。

平坦、という意味でもうひとつ。これは仕方ないんだけど。

砂漠が舞台のカーチェイスは、スピード感が失われるので、
見せ場があまり無くて残念。
まあ、だからこそ、車上での攻防をメインに描いたんだろうし、
そういう意味では、きちんと考えられてると思う。

しかしながら前述した色々な要素により、
頭の固い私はついていくのが精一杯で(2回目)、
もう何だか、訳がわからず、
途中からは、ツッコミに徹することにして観ました。


水!水が!受け方、もっと考えて!!!笑
医者!雑!!笑笑
ギター!!!!!笑笑笑笑笑

最後のは特にですが、
爆笑しながらツッコんでたら、それはそれで楽しかったので、
アトラクション・ムービーとしては面白いのかも、と鑑賞後には思えました。

そういう意味でも、観客を魅了しているのかも。
爆音上映とかも盛んにやっていて(むしろ今もリバイバルでやっていて。)
多分、閉鎖空間に大画面で見ると、
よりハイな状態で映画にトリップできるんだろうなあ、きっと。


俳優陣に関しては、トム・ハーディの是非は分かりませんが、
シャーリーズ・セロンがすげえ、というのは初心者でも理解できます。
あの人、非の打ちどころもなく美しいのに、
ああいう男前の役とか、結構身体張ること多い気がする。
いやはや、あっぱれでした。
あと、よしあしはさておき、
ニュークスは「ウォーム・ボディーズ」の主役R君だったんですが、
白い、という印象だけで全然気づきませんでした。イケメンなのに。


ようやく観た感想としては、
『私にはハマらなかった。』というのが正直なところですが、
再度観た相方は『そんなに悪くない。』と言っていたので、
もしかしたら、勢いで押し切る映画に見えつつ、
噛めば噛むほど味が出る、スルメ面も持ち合わせた作品なのかも。

何度もおいしい。そう考えると、良作ですね。
posted by tanako at 01:29| Comment(0) | それでも洋画には勝てない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。