2016年03月02日

カマクラブルー。[海街diary]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『海街diary』
製作:2015年・日本
監督・脚本:是枝裕和
出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、他
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


実写化速報が出て、焦って読んだ原作が、
思いの外、ものすごく良かったので、
旧作落ちを待たずに、レンタル

原作がとても好きで、
且つ読んで間もないこともあり、
比較しつつのレビューになり申し訳ないですが、
それでも、批判的な要素は余り見当たりませんでした

強いて言うなれば、
あんな美人姉妹、いないよね、ということくらい。笑。

-------------------------------------------------------
鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。
そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。
葬儀が執り行われる山形へと向かった三人は、
そこで父とほかの女性の間に生まれた異母妹すず(広瀬すず)と対面する。
身寄りがいなくなった今後の生活を前にしながらも、
気丈かつ毅然と振る舞おうとするすず。その姿を見た幸は、
彼女に鎌倉で自分たちと一緒に暮らさないかと持ち掛ける。
こうして鎌倉での生活がスタートするが……。
-------------------------------------------------------


是枝監督の作品を久々に観て気づきました。
(「そして父になる」もまだ観れてない・・・

本作のように、モノローグが一切無い映画が、
昨今、少なくなっていること

原作もの、とりわけ漫画作品が増えているからかもしれないけれど、
登場人物の言葉やセリフで、その心情を観客に伝える作品が増えていて、
且つ、それに慣れてしまっているなと

必要不可欠な場面もあるとは思うけれど、
せっかく目に映る情景があるのなら、
それをフルに使って伝えるのが、映像の強みだと思うと、
極力モノローグ(とりわけ説明)は、使わない作品の方が、
個人的には、好みなのです。

本作は、原作を知っているので、
原作には多数入っているモノローグを省いた上で、
登場人物の感情を、最大限伝える努力をしているところが好きです。

加えて。

白黒の2次元で伝わり切らない鎌倉の風景を、
原作のイメージを損なわずに、
その魅力をスクリーンに映し出すことに成功しています。

是枝監督の作り出す作品の空気感や雰囲気と、
原作の持つものが合致した結果でしょう。
久々に、ああ、このマッチングは成功だなと、冒頭で感じました。

物語の展開も、原作のストーリーを無理なく省き、
主題を見失わずに、2時間に綺麗にまとめられているし、
言葉は多くないけれど、観客にはきちんと伝わる。
やはり、上手いなあ、と思いました。

ちなみに、鎌倉、という土地は、
地方出身者にも、都会育ちの人にも、
程々の共感を与えてくれる、絶妙な立地ですね。
原作で観た風景に色が付くって良いなあ、と、
桜のトンネルを見て実感しました。


キャスティングも、美人姉妹過ぎますが、
年代的に考えて、無理なく適材を選んでいる印象。

長女・幸の綾瀬はるかは、強いけれど儚い、
そしてちょっとだけ幸薄い感じがよく出ていたし、
次女・佳乃の長澤まさみは、こういう現代女子の役がよく似合う。
程よく垢抜けていて、程よく適当だけど、芯が強い感じが上手い。
三女・千佳の夏帆は、「ピンクとグレー」を観た直後なので、
上手いのは当然として、存在感が薄れがちな三番目の個性を
原作ではアフロだけど、アフロにしなくてもちゃんと出せているし、
四女・すずの広瀬すずは、その透明感がピカイチで、
周りの目を引く美少女という点でも文句ない。
ただ、ちょっと垢抜けているので、地方の中学生感が少し足りないけど、
控え目にセリフを発する姿は、非常に頑張っているように見えた。

いずれも旬な、且つ適任な女優さんを
上手く選んだなと思いました。
ちなみに個人的には、ハマってた、という意味で、
長澤まさみが一番良かったと思います。

その他の面々も、俳優陣の選び方が秀逸。

課長役の加瀬亮とか、
小児科医役の堤真一とか、
コーチ役の鈴木亮平とか、
マスター役のリリー・フランキーとか(キャラ改変はさておき)。
四姉妹に寄り添う優しい雰囲気の男性陣然り。

食堂のおばちゃんの風吹ジュンとか、
大伯母さんの樹木希林とか、
お母さんの大竹しのぶとか、
個性的で、どこか憎めない雰囲気の女性陣然り。

この人はどうなのか、という人が1人もおらず。
中々、凄いよなあ、と思います。


原作ファンの心を理解した上で、誠意をもって映像化した、
稀有な成功例となる映画作品です。

原作読んだ時期的に、どうしても比較目線に偏ってしまいましたが、
おそらく、1本の映画作品としても秀作だと思います。
興味がある方は、原作も是非。
後で読んでも楽しめるかと思いますので。

恐らく、3/4(金)に発表される日本アカデミー賞、獲るのでは。
そんな期待も込めて。
posted by tanako at 23:49| Comment(0) | やっぱり邦画がすき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

オンナの強さ、オトコの弱さ。[愛の渦]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『愛の渦』
製作:2014年・日本
監督・脚本:三浦大輔(『ソウルトレイン』『ボーイズ・オン・ザ・ラン』)
出演:池松壮亮、門脇麦、新井浩文、滝藤賢一、他
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「恋の渦」の方が先に製作されていますが、あちらが続編とのこと。
どうもね、大根仁監督とDVDパッケージで、敬遠してしまっていて・・・。
こちら「愛の渦」は岸田國士戯曲賞という、演劇界では物凄い賞を獲っているということもあり
少しだけ期待して観ました。

-------------------------------------------------------
高級マンションの一室に設けられた秘密クラブ、ガンダーラ。
そこで開催される乱交パーティーに、ニート(池松壮亮)、フリーター(新井浩文)、
サラリーマン(滝藤賢一)、女子大生(門脇麦)、保育士(中村映里子)、OL(三津谷葉子)、
ピアスだらけの女(赤澤セリ)たちが参加する。
セックスしたいという共通の欲望と目的を抱えている彼らだったが、
体を重ねるのに抵抗を感じる相手も浮上してくる。
さまざまな駆け引きが展開する中、ニートは女子大生に特別な感情を抱くようになっていく。
-------------------------------------------------------

とあるマンションの一室での風俗行為を描いたシチュエーションドラマですが、
その脚本におけるニンゲン描写力が、秀逸です。

特筆すべきは2点。
1点目は、人間関係の描写。


「・・・あのー・・・。」とか
「あ、えーと、はい・・・。」とか
「まあ、そうですよ、ねー・・・。」とか。

セリフは、簡単な質問とか相槌が、大半を占めています。
テキトーに発したな、みたいな言葉ばかり。

マンションに集まった8人は、初対面で、
とある目的のために来ただけの人達なわけで。
4対4の、まあ、風俗合コンとでも言いますか、目的はSEXのみ。
(そのためのルールなんかも細かく決められていて、ちょっと面白かったのですが。)

一般的な合コンの如く"お互いを知る"こと、が目的ではないため、
上辺だけの会話をせざるを得ない、という描写は巧かったです。

一見ダラダラしてるので、
観客としてはイライラするし、見所はないのだけれど。

でも、普段の会話って、確かにこうなんですよ。
変に飾らすにこのまま役者に口にさせるとは、
なかなか勇気のいる脚本だなとは思いました。
(だって下手な役者とか演出だと、単なる棒読みになりますからね。
まあ、実際危うい箇所もありましたが・・・。)


本作が戯曲として岸田國士賞を受賞した時の岩松了氏のコメントが
「際立っているのは、その微細にして冷静な人間の描写である。
そこには人間の演技する必然≠ェ描かれている。」とあったのですが、
上手いこと言うなあ、とは思いました。
確かに人間みんな、日常生活でも多かれ少なかれ演技はしてますからね。


日常の中の非日常を描く本作では、
8人の他人同士が、お互いをひどく警戒するのですが、
やはり目的となる行為が行為なだけに、
警戒が解けてからの転がり落ち方がスゴイです。
建前→本音、までのスピード感というか。
たった数時間でそこまで言っちゃうの?みたいな。

風俗という非日常において、"その場限り"という安心感と、
この行為における、文字通りの"丸裸"感があいまって、
いい大人達が、非常に滑稽な人間模様を作り上げています。


そしてスゴイのは、何気ない日常の中でも、
場所は違えど、似たような状況が起こり得ると思わされてしまうこと。
非日常の中にリアルがしっかりと落とし込まれてます。


例えば。
初対面の人との会話で、とりあえず職業聞いたり、とか、
同意したくても相手のことをよく知らないからやんわり回避したり、とか。
お互い牽制しながら、距離を縮めていく感じもそうですが、
一旦、壁や隔たりを取っ払ってしまった相手に遠慮がなくなっていったり、
自己保身のために徒党を組み、標的を作って中傷したり、と、
そういう人間関係の醜い縮図も、しっかりとこの2時間に投影されているのがスゴイです。

そして最後。
非日常から日常に戻らなくてはいけないわけで。
そこで、戻る前にわだかまりは解いておきたい、とか、
一応建前の挨拶だけはしておくか、というような、
何と言うか・・・みじめったらしさとか、器の小ささとかも、
彼らの会話で、非常に上手く描かれていたと思います。



2点目は、男女関係の描写。


登場人物は一応並列ではありますが、
メインとなる2人の男女がいます。
池松壮亮演じる"ニート"と、門脇麦演じる"女子大生"。


"ニート"も"女子大生"も、みんなとの会話には参加せず、
ほぼ最初の会話の相手がお互いでした。
4対4、という人数の中で、最後の1対1になった2人。
そこで生まれるちょっとした連帯感が絆になり、やがて・・・という展開を、
期待しちゃうんですよねー。ラブコメ好きとしては。

話の展開もね、うまく2人の仲が発展するようになってるんですよ。
1巡目に留まらず、2巡目も同じ相手だったり、
3巡目は別の相手に行こうとするも揉めたり、
結局、巻き込まれ事故的に、お互いに当たったり・・・。
3巡目では、ちょっとニートの感情変化が行動となって見えたりするも、
女子大生は一貫して節目がちで、
そのことも、より一層ニートの気持ちを奮い立たせたりするわけです。

最後、お別れシーンでのアクシデントさえも、
もしや女子大生狙ったの!?と思ってしまった、浅はかな私。


持ち上げて、落とす。

落とされたのは、ニートだけじゃなく、観客である私もでした。
なるほどなー。そうだよねー。


三浦大輔氏の作品は、
「ボーイズ・オン・ザ・ラン」然り、
「母に欲す」然り、
この「愛の渦」然り、
男性の弱さを余すところなく描いてることが多い気がします。
(対する女性は強いんだぜ、みたいに見えるところに、
若干の物言いはありますけれども。)


本作も、端的に見ると、
男性の方が情に脆く、
女性の方が意外とドライだ、という。

でも、最後のニートのセリフで、一石も投じており、
個人的には、そこが好きでした。


ちなみに私個人の話をすると(え?聞きたくない??)、
そもそも風俗に行きませんが、もしあの8人の中にいたとしたら、
恐らくニートに近い意識になってしまうと思うから、
もしかしたら私は、男性的感性が強いのかもしれません。
強い女性から見たら、最後のセリフは、ただの負け惜しみにも取れるしね。

もう一回書きますね。

持ち上げて、落とす。

そのシンプルな展開に、
登場人物の相関図を上手く当てはめて描けているのが、
本作のスゴイところだと、思いました。


救いも何もない話には見えますが、
愛すべき、クズな大人達の人間模様が楽しめる作品ではありますので、
誰かと一緒に、よりは、1人で自宅でこっそりと見るのがいい映画かも。
私は、公開当時は映画館で観たかったけど、
これ観に行ってたら、しんどかっただろうから、DVDで良かったです。

posted by tanako at 00:07| Comment(0) | やっぱり邦画がすき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

チンピラどもが、夢の跡。[ヒーローショー]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ヒーローショー』
製作:2010年・日本
監督:井筒和幸(『パッチギ!』『岸和田少年愚連隊』)
脚本:吉田康弘(『キトキト!』)、羽原大介(『パッチギ!』『ゲロッパ!』)、井筒和幸
出演:後藤淳平、福徳秀介、ちすん 他
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


バラエティ番組に出演している時の井筒監督がキライで、あまり彼の作品を観ていません。
『ゲロッパ!』(フツー。)、『黄金を抱いて飛べ』(ビミョー。)はイマイチでした。

ライムスター宇多丸さんの評価が良く、私の前に見た相方の評価も割りと高くて。
公開時は1ミリも興味がなかったのですが、ならば、と観賞しました。
前作とか、監督の人格とか、そういったのは一切排除したつもりです。。

----------------------------------------------
お笑い芸人を目指しながらも将来の展望もないまま、
中途半端な毎日を送る気弱な青年ユウキ(福徳)。
彼は、元相方の先輩・剛志に誘われヒーローショーのバイトを始める。
そんなある日、バイト仲間のノボルが剛志の彼女を寝取ったことから、
2人はショーの最中に大乱闘を繰り広げる。
怒りの収まらない剛志は、知り合いのチンピラにノボルを痛めつけるよう頼み込む。
散々にやられたノボルは、仲間のツテを使い、
かつて地元で一目置かれる不良としてならした元自衛官の勇気(後藤)に報復の助っ人を依頼する。
やがて一連の抗争は張本人の剛志とノボルが怖じ気づくほどにまでエスカレート、
その渦中にユウキもなすすべなく巻き込まれてしまい…。
----------------------------------------------


観賞前後で印象が180度変わる映画でした。

公開時のキャッチコピーは以下↓↓↓


彼らの暴走は止まらない!
青春★バイオレンス★エンターテインメント!!

敗者復活戦、ねぇのかよ?
…もう一度生き直させてくれよ!




「敗者復活戦」なんかねぇよ!!何、その無駄な「★」の羅列。

…宣伝活動って難しいですね。


こんな能天気な映画ではありません。


本作は、"暴力は暴力しか生まない。その連鎖では何も解決しない。"
という意味を込めた、バッドエンドの映画だと思います。
ただ、面白かったのですが、
色んなところで言われている程の作品かなあ、と、ちょっと疑問符。



話はシンプル。やられたらやり返す。先取り半沢直樹。
ただし、こちらは暴力対暴力、短絡的な抗争から生まれる浅はかな悲劇です。
半沢直樹とは違い、知恵のない人達の報復の連鎖なんて、スッキリしませんよ。


序盤から中盤にかけては、非常にリアリティを重んじていると思います。
特に暴力描写や、若者の日常感。
都会とプチ田舎の対比や、薄く軽い人間関係など、
非常によく表れていると思います。

現実にあった事件が元になっているということで、
それに則した流れにはなっているのだろうけれど、
どう転ぶかが一切予想できない、不穏な空気感の勝利とでも言いましょうか、
映画作品としてのテンプレは、本作には該当せず、不穏な緊張感が全編通してありました。
その緊張感がまた、妙にリアルで、その辺のバランスも絶妙です。

前半の暴力描写が嫌悪感がハンパない、というレビューをいくつか見ましたが、
薄暗さが若干緩和してくれてはいるものの、確かにリアルだとは思います。
但し、この描写がチープなほど、作り物感が映画をつまらなくしてしまうこともあるので、
これも成功だと思います。


ただ、中盤から後半にかけての人情劇で、中心人物が明確になってしまうので、
(まあ、ジャルジャルが主演と謳っているしね。)
その後の展開が予想できてしまったのが少し残念でした。
どこまでも予想がつかないラスト、しかもそこに救いがない方が、個人的には好みだったかなあ。
それと、明確に中心人物に焦点を絞ったことで、
他の登場人物の描写が一切なされません。
まあ、大体想像はつくけれど、私は一瞬映すだけでもいいから、
ことの顛末としてちゃんと描いて欲しかったなと思います。
(説明くさくならない方法はいくらでもある気がするのだ。)


唯一最後まで描かれた主役2人の顛末は、まあ当然の報いですが、
私は、あの事件に関わった人間全員に感情移入が出来ないので、
全員が同罪だと思っています。
だから、勇気(後藤)とユウキ(福徳)に与えられた運命に、少し納得がいかない。
(ちなみに一番許せないのは寝取ったレッド野郎なんだけど。)
この映画の後日談として、きっと全員が何らかの罰を受けることにはなるんだろうし、
こういう団体で起こした事件について、必ずしも全員が平等に罰を受けるとは限らない。
そんな不条理も含めてのリアリティなんだと理解しました。

…でも納得できないので、この話、私は好きじゃないなあ、という結論なのです。


キャストについて。
ジャルジャルの起用はとても良かったと思います。(相方は特に後藤を褒めていました。)
後藤は、凶暴だけど中身は純粋で一本気な田舎のチンピラ、
福徳は、適当で軽薄で、人間的に弱い元芸人、
2人ともぴったりでした。イメージ通り。他キャストも合っていて、悪くなかったと思います。
特筆すべきは、ジェントル君。何あの雰囲気。素晴らしかったです。
少しだけ知っている(大学時代のバイト先が一緒でした。私のことは覚えてないだろうけど。)という贔屓目なしで、
彼がこの作品の不穏な緊張感を煽る存在として、一番輝いていたと思います。
だってすごく良い人だったのに、映画で見たら怖かったんだもの…。


映画としての出来は良いと思いますが、個人的には色々と消化不良な映画でした。
ただ、女子よりも男子にウケる映画だと思うし、
劇場で見たらもう少し違ったかなと思います。勿体無かったかしら。


…しかし、映画の予告編て難しいですね。
"こういうの期待して観に行ったのに!!!"と憤慨する場合もあれば、
"予想外で面白かった!!!"と逆に絶賛になる場合もある。それが醍醐味とも言えるんだけどね。
この映画は完全に騙されました。これが、吉と出たか、凶と出たか。
そこで、評価が分かれそうな映画だと思いました。
posted by tanako at 19:23| Comment(0) | やっぱり邦画がすき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。