2016年11月15日

温故知新。[クリード チャンプを継ぐ男]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『クリード チャンプを継ぐ男』
製作:2015年・アメリカ
監督・脚本:ライアン・クーグラー
脚本:アーロン・コヴィントン
出演:マイケル・B・ジョーダン、シルヴェスター・スタローン、他
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


突飛、斬新、衝撃的、目新しい、etc…

映画を観初めて、単館ものを好んでいた若き日の私は、
上記の類の作品を好むことが多く、
古き良き、クラシックな良作を結構スルーしていました。

その中でも、敬遠していた「ロッキー」。

スタローンとシュワルツェネッガーとヴァンダムは、
何を見ても一緒だ、と、何かで読んだのを鵜呑みにしていましたが、
映画をたくさん観るようになって、
製作者としての在り方は、スタローンだけ異なる印象を持ちました。

「ロッキー」シリーズは、何と「ファイナル」から観たという
非礼にも程がある私が、
分かっていても熱くなる、という不思議な感覚のを体感しました。

年とったせいですかね。
でも、悪くないです。

-------------------------------------------------------
ボクシングのヘビー級チャンピオンであった
アポロ・クリードの息子、アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)。
さまざまな伝説を残したアポロだが、彼が亡くなった後に生まれたために
アドニスはそうした偉業を知らない上に、父との思い出もなかった。
それでもアドニスには、アポロから受け継いだボクシングの才能があった。
そして父のライバルで親友だった
ロッキー(シルヴェスター・スタローン)を訪ねて
トレーナーになってほしいと申し出る。
-------------------------------------------------------


私は、過去作に疎い分、各登場人物に思い入れはないですが、
隣で観ていた相方は、全シリーズ観ている分、
あのキャラは今、的な楽しみ方をしていて、何だか羨ましかったです。

恐らく、本作は彼のような観客を主なターゲットとしている
究極のファン・ムービーだと思います。

現役の時、ライバルと謳われた相手の息子・アドニス。
自分の息子が、同じ道を進まなかったことを、
理解しつつも寂しく感じていたであろうロッキーの、新たな光。
最初はトレーナーの依頼を断るも、少しずつ火がつき、心を開き、家族同然になっていく過程は、
王道ではありますが、微笑ましいし、非常に感動的です。

それと、これはロッキーシリーズの特徴らしいのですが、
悪い人が、(ほとんど)おらず、周りが皆良いヤツで、
そのおかげで、物語の展開を邪魔しない。
※ほとんど、と書いたのは、個人的には、幼馴染みという人が、良いヤツに思えなかったからです。

加えて、アドニスが、物凄くストレートで、且つ素直。
しかも賢いし、スマート。フェミニストであり親思い。極め付けは、イケメンときてる。
なんなの、もう。言うこと無いじゃないですか。


シリーズに関して語れる知識が、私には無いのが悔やまれますが、
ストーリー運びは、極めてスタンダードですが、
そこかしこに、旧作のエッセンスを入れることで
新しくも、回顧的になっているようです。

例えば。

旧作ほとんど見たことない私でも知っている、
ロッキーのトレーニングシーンや、ランニングシーンは、
やっていることを、ほとんどなぞっているようでいながら、
且つ、新しい要素(ウィリーで並走するバイクとか。)も入れている。
恐らく、私が知らないだけで、他にも色々とあるのだと思います。

更に。
今回は、アドニスが対戦相手と戦うのと同時に、
年老いたロッキーが、病気を相手に戦うのですが、
立ち向かう2人の姿勢、さらに、昔戦っていたロッキーの姿ともリンクして、
長い時間を超えて戦う男たちの姿が、非常に頼もしく、美しいです。

最後のシーンでも、相方が教えてくれましたが、
現役の頃にやすやすと駆け上がっていた階段を
年老いたロッキーが、一段一段、しんどそうに上る様に、
ひとつの時代が終わりに向かっていることの寂しさを感じるけれど、
てっぺんから見る太陽の光が、新時代の幕開けも表している。

何というか、1つ1つのシーンが、
「ロッキー」を好きな人達が、
「ロッキー」を好きな人達のために、
想いを込めて撮ったような、そんな映画でした。


王道をなぞるも古臭くならず、
新時代への希望的要素も含んだ、バランスの良い傑作です。
予想外の展開は何ひとつ起こらないのに、
気を抜くと泣きそうでした。

古きを温め、新しくを知る。

まさしく本作のためにあるような言葉ですね。


シリーズ全作も、
ちょっとずつ、観てみようかと思います。
posted by tanako at 00:20| Comment(0) | それでも洋画には勝てない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: