2016年02月26日

水と砂漠と、男と女(男前)。[マッドマックス 怒りのデス・ロード]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
製作:2015年・オーストラリア/アメリカ
監督・脚本:ジョージ・ミラー(『マッドマックス』シリーズ、『ハッピーフィート』)
脚本:ブレンダン・マッカーシー、ニコ・ラソウリス
出演:トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、他
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


去年の色々なレビューサイトを見る限り、
盛り上がり方が、何だかおかしなことになってやしないですか?

何かみんな、徹夜明けみたいなテンションで書いてて、
それでも軒並み絶賛されている。

そんな中、相方がその熱に当てられて鑑賞し、
『俺には分からない・・・』と悩みながら帰ってきたことから
逆に興味が湧いたので、DVDを待ってようやくの鑑賞。

「マッドマックス」シリーズを1作も観たことが無い私が、
この作品をああだこうだ語るのは、どうかと思いますが、
やはり、ちゃんと過去作を見なくてはいけないなと改めて実感した次第です。

-------------------------------------------------------
資源が底を突き荒廃した世界、
愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックス(トム・ハーディ)は、
砂漠を牛耳る敵であるイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)の
一団に捕らわれ、深い傷を負ってしまう。
そんな彼の前に、
ジョーの配下の女戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、
全身白塗りの謎の男、そしてジョーと敵対関係にあるグループが出現。
マックスは彼らと手を組み、強大なジョーの勢力に戦いを挑む。
-------------------------------------------------------


私は"マッド"な状態のマックスを見たことがないので、
本作だけ見たら、何をもって"マッド"なのか、正直全く分かりません。

アクションとか、対応力とか、筋肉とか、熱量とか、
それが"マッド"だ、と言われてしまえば
そうなのかと納得するしかないのですがね。

本作を一言で表現するとすれば、超有名なセリフを借りて、こう言います。

『考えるな。感じろ。』

正直、それ以外ありません。

初心者にはハードルが高い、という前提ありきで
映画作品として、あくまでも私には、ハマらなかった。
要因は色々と思い当たります。

まず、主人公が、地味。

いや、単体では物凄い存在感なのだけれど、
周りが、個性の塊みたいなキャラばっかりで。
白かったり、黒かったり、
ナイスバディだったり、男前だったり、
大きかったり、赤ちゃんだったり。
ともすれば、マックス普通じゃね?と感じてしまう。
埋もれちゃったんですよね、残念ながら。

次に、行動原理が不明。

これはシリーズ前作を観てない私が、理解できないのが悪いのでしょう。
初心者故の置いてきぼり感。

更に、平坦な背景。

荒廃した世界が舞台なので、これも仕方ないのだけど、
見渡す限りの、砂漠・砂漠・砂漠。
平坦な風景と、キャラクターの個性のチグハグ感は
それはそれで面白いのだけど、
頭の固い私には、途中からついていくので精一杯。

平坦、という意味でもうひとつ。これは仕方ないんだけど。

砂漠が舞台のカーチェイスは、スピード感が失われるので、
見せ場があまり無くて残念。
まあ、だからこそ、車上での攻防をメインに描いたんだろうし、
そういう意味では、きちんと考えられてると思う。

しかしながら前述した色々な要素により、
頭の固い私はついていくのが精一杯で(2回目)、
もう何だか、訳がわからず、
途中からは、ツッコミに徹することにして観ました。


水!水が!受け方、もっと考えて!!!笑
医者!雑!!笑笑
ギター!!!!!笑笑笑笑笑

最後のは特にですが、
爆笑しながらツッコんでたら、それはそれで楽しかったので、
アトラクション・ムービーとしては面白いのかも、と鑑賞後には思えました。

そういう意味でも、観客を魅了しているのかも。
爆音上映とかも盛んにやっていて(むしろ今もリバイバルでやっていて。)
多分、閉鎖空間に大画面で見ると、
よりハイな状態で映画にトリップできるんだろうなあ、きっと。


俳優陣に関しては、トム・ハーディの是非は分かりませんが、
シャーリーズ・セロンがすげえ、というのは初心者でも理解できます。
あの人、非の打ちどころもなく美しいのに、
ああいう男前の役とか、結構身体張ること多い気がする。
いやはや、あっぱれでした。
あと、よしあしはさておき、
ニュークスは「ウォーム・ボディーズ」の主役R君だったんですが、
白い、という印象だけで全然気づきませんでした。イケメンなのに。


ようやく観た感想としては、
『私にはハマらなかった。』というのが正直なところですが、
再度観た相方は『そんなに悪くない。』と言っていたので、
もしかしたら、勢いで押し切る映画に見えつつ、
噛めば噛むほど味が出る、スルメ面も持ち合わせた作品なのかも。

何度もおいしい。そう考えると、良作ですね。
posted by tanako at 01:29| Comment(0) | それでも洋画には勝てない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。