2014年03月06日

でもどうしてそのタイツにしたの。[キックアス]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『キックアス』
製作:2010年・イギリス/アメリカ
監督:マシュー・ヴォーン(『レイヤーケーキ』『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』)
脚本:ジェーン・ゴールドマン(『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』)
出演:アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


大雪の週末続き、食料を買い込んでDVD三昧でした。

実家で慣れてるはずの雪模様ですが、
東京でこんなになると、なかなかに大災害感がありますね。
電車が止まるとどこにも行けなくなるから仕方ないよね。
ワタシも、すっかり東京の人です。

-------------------------------------------------------
アメコミ好きでスーパーヒーローに憧れるニューヨークの高校生デイヴ。
ある日彼は、インターネットで手に入れたコスチュームを身に纏い、
勧善懲悪のヒーロー“キック・アス”として街に繰り出す。
しかし、何の能力も持たない彼は最初のパトロールで
チンピラにボコボコにされ重傷を負ってしまう。
ところが、その治療で体中に金属を埋め込み、
神経の損傷で痛みにも鈍感になったデイヴは無類の打たれ強さを身につけていた。
そして、懲りずにパトロールを再開したデイヴ。
すると、その様子を野次馬が動画サイトにアップしたことから
キック・アスの名はたちまち知れ渡り、一躍時の人に。
だが、そんなキック・アスの活躍ぶりを知った地元マフィアのボス、ダミコは
最近起きた組織のトラブルを彼の仕業と勘違いし、キック・アスの抹殺へと乗り出す。
ところが、実際はキック・アスの影で別のヒーローが暗躍していた。
その正体は、ダミコへの復讐に燃える元警官の“ビッグ・ダディ”と、
彼が手塩に掛け恐るべき殺人マシーンへと鍛え上げた娘“ヒット・ガール”だった。
やがてキック・アスは、この親子とダミコの血で血を洗う戦いの渦に巻き込まれていくのだが…。
-------------------------------------------------------


とても面白かったですが、思ってたのと違いました。
TVで予告編を見た限りだと、ゆるいコメディだと思っていたのですが、
いやはや、結構な残虐描写。
血が出るわ、人が容赦なく死ぬわ、なかなかにパンチ効いてます。

多分ね、主人公2人が少年少女だから、と高を括ってみていたのです、ワタシ。
そういう意味では、この描写は斬新で、且つ、嘘が無くて好感持てます。
殴ったり、刺したり、切り付けたり、撃ったり、すれば、絶対に血が出るし、
ともすれば、命さえ奪う可能性があるということを描いているので、
これを単純に残虐描写としてR指定をつけてしまうことが、正しいのか否か。
まあ、映画の規制全般に言えることですけどね。

「キックアス」の話に戻りますね。

主人公のさえない少年が、正義のヒーローに憧れ、仮装して街に繰り出すのですが、
特別な才能や運動神経があるわけでも、遺伝子操作されたクモに刺されたわけでもないので、
キックアス、ことデイヴは、それこそコスプレの変人なわけですが、
1つのキッカケでネット上で人気者になります。

注目を集める、というのは、良いこともあれば悪いこともあり。
そもそも、"ヒーローになりたい"という憧れが目指すところは、
"人の役に立ちたい"ではなく、"人の役に立って目立ちたい"という欲求の具現化では、とひねた私は思うのです。
だからこそ、ヒーローのコスプレはあくまでもコスチュームとして、
大きな信念が別にある、ビッグ・ダディとヒットガールの親娘と比較すると、
キックアスは、非常に軽く、薄く見えるんですよね。
そこの温度差が上手いし、これによってキックアスの意識の低さを実感させています。

余談ですが相方は、終始情けなかったデイヴにイライラしていたみたい。
まあ、いいとこなしですから、そうでしょうね。

対して、ビッグダディ(そもそも名前に爆笑した私。)とヒットガールは、終始一貫しています。
が故に、周りが見えていない部分もなきにしもあらず、ですが、それほどストレスは溜まりません。
ちょっと設定が弱いかなとは思ったけれど、ヒーローものに過去の因縁はつきものですよね。
どっちが正しいとか間違っているとか、理性を感情が凌駕するからこその熱い展開に、
観客も夢中になるのだと思います。
今回はDVD鑑賞だったので、私自身がわりと冷めていて、
ビッグダディとヒットガールにあまり思い入れが感じられなかったのだけど、
映画館で見たら、気持ちももっと盛り上がったのかもなあ、とは思いました。

敵方は、悪意の父親と善意の息子のコンビ。
「スパイダーマン」要素をしっかり入れてきてますが、
息子には最終的には同情も禁じ得ない展開ではあります。
この辺りは、まあ、続編にもつながるところなので、控えておきますね。
結末は予想通りの王道展開ではありますが、手放しのハッピーエンドかと言われれば、どうかなあ、というところ。
でも、必然的なラストだったかなと思いました。


ちなみに、本作の最大の見どころはアクションシーンだと思います。
スピード感があるし、なかなか見応えもあります。
悪者がやられるシーンは、血も容赦ないけど、爽快感もある。
本作で、ヒットガールの人気が出たのは、アクションシーンのカッコ良さ故でしょうね。
スタントがどのくらい入っているかわかりませんが、素晴らしいと思いました。

役者さんについては、ニコラス・ケイジ以外は知らなかったのですが、
やはり、クロエ・グレース・モレッツにつきますね。
彼女は決して美人な顔立ちではないと思いますし、好みでもないんですが、
子役としての可愛らしさ以上に、華がある気がします。
大画面の真ん中に映っていても違和感のない、存在感。
「キャリー」のリメイクはどうなんだろうか、とは思いますが、今後が楽しみな女優さんです。
全編通して、クロエちゃんに食われてしまったアーロン・ジョンソン君は、
眼鏡を外せばものすごくイケメンだと思うので、他の映画でももっと見てみたいなと思いました。
ニコラス・ケイジはズルいよね。面白くなると分かってて、一番おいしい役やりやがって、という印象です(笑)。


何はともあれ、小規模公開から大ヒットしただけの作品だとは思いました。
映画館で見ておけば良かったかなー。家のTVではなかなか魅力が伝わらないのが現実ですね。

ちなみに続編は先日映画館で見て、この上なく面白かったので、
それも悔やまれる要因ですね。
本作見ていないと楽しさ半減なので、
現在公開中の続編を見る前には必ず見て行った方が良いですよ。
そういう意味でも、続編とセットでかなりオススメできる映画ですね。
ただし、血が苦手な女子もいるはずなので、カップルではなく、友達同士でぜひ。

posted by tanako at 02:34| Comment(0) | それでも洋画には勝てない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: