2014年02月03日

生態系が心配。[シャークネード]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『シャークネード』
製作:2013年・アメリカ
監督:アンソニー・C・フェランテ(TV映画監督)
出演: アイアン・ジーリング、タラ・リード
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


バカ映画の骨頂。アホかーーーーーwwwwと思いながら観ました。

「ニッポン・ダンディ」で敬愛する高橋ヨシキ氏が紹介していて、
相方と2人、これは観なくちゃ!!!といきまいて、
レンタル開始日をチェック、新作で借りてくれるという。

こういう遊び心が、我々が三十路になって得た、最たるものかもしれないです。

-------------------------------------------------
突如カリフォルニア・ビーチにサメの大群が現れ、人々を襲い始める。
さらに強大なハリケーンが発生し、
サメを巻き込んだ状態でロスの都市部へ上陸。
街中を絶望の渦に飲み込んでいく。
-------------------------------------------------


CGとか、脚本とか、ストーリー展開とか、
粗が目立つ、というよりは、粗しかない感じです。さすがTV映画。
しかしながら、もう、とにかく笑えます。
あ、コメディじゃないですよ。
大真面目にやってくれればくれるほど、観客の笑いを誘うタイプの映画です。

これだからB級映画は止められない。


本作では、突如アメリカ海岸を襲うハリケーンとともに、
サメがどんどん沿岸に向かって押し寄せてくる、という設定です。

最初は沿岸部に来た一部のサメだけだったけど、
そのうち、竜巻に乗った大量のサメが地上に降ってきます。

『サメが降って来るんだよ!!!』と危機的状況を訴える主人公達の話に、
『はあ?何言ってんの??』みたいな顔する町の人の描写が何ともおかしい。
そりゃそうだよ、私だってそうなるわー。
でも、その直後、本当に降ってくるんですねー、サメ。

最初は、"ハリケーン→増水→サメ漂流"、という流れだったはずなのに、
途中からそんなの無視、"竜巻→巻上げられたサメが降る"となり、何ともシュールな絵(笑)。
低予算さながらでしょうが、前のシーンとの繋がりとかも、一切無視で、
いきなり乾いた(笑)道路を走る車の屋根に、サメドーーーーーン!!!とか、
もう、わけが分からない有様w

ちなみに、
ハリケーンの中に大量のサメ!!!という絵も相当面白いですが、
あっちこっちから飛んでくる(何故か人に向かってw)サメを
銃で撃ち落す、という絵も、相当面白かったです。
あと、竜巻ごと爆弾で吹っ飛ばす、という力技もいいですね。



主人公はわりとオジサンなのですが、
所謂、正義漢であり、困っている人をほうっておけないタイプです。
・・・と言えば聞こえはいいですが、
私のようなひねくれ観客は、見ててそこそこイライラするのです。

あー、この人面倒だなー、ヒロインどうしてこの人が良いんだろう・・・と思ってたら、
最後、ヒロインは別の場面で共に生死を賭けた別の男子(主人公の息子)にあっさり乗り換え、
さっきまで険悪で、新しい彼氏も居たはずの元嫁と主人公が復縁。
その辺の人間関係の描写は、テキトーでよいのですね。そうですね。

見終わった後に何も残りませんが、
B級パニックムービーとしては、100点の出来だと思います。

******************

ちょっと前に、「マツコ有吉の怒り心党」でサメ映画の特集をしたことがありました。
あの時の映画は、以下3本。

・ダブルヘッド・シャーク(頭が2つのサメ。)
・サンドシャーク(砂の中も泳ぐサメ。)
・シャークトパス(タコと合体した新種サメ。)

上記3本、短い映像だけでも結構衝撃的でしたが、
これを上回る発想力の作品を90分。
いやー、もうね、ホント、時間の浪費のみ(笑)。
でも、絶対にTVとかで放送しないから、見れたこと自体は良かったし満足です。

B級、とりわけDVDを見始めたら、
止まらないのは承知ですが、
こういう乾いた笑いも、生活の中には必要だよなあ、と思うので、
それでもちょくちょく見ていきたいと思います。

こういう映画にも全力で取り組むエンターテイナーな国・アメリカ。
とても好きです。本当に。
posted by tanako at 20:47| Comment(0) | B級洋画バンザイ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。