2013年10月23日

暗号消されてた??[消された暗号 BRICK-ブリック-]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『消された暗号 BRICK-ブリック-』
製作:2007年・アメリカ
監督:ライアン・ジョンソン(『ルーパー』)
脚本:ライアン・ジョンソン
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ノラ・ゼヘットナー
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


サンダンス映画祭で評価された映画だそうです。
『LOOPER』で興味を持ち、レンタル店を探し回りました。


虚無的・悲観的・退廃的な指向性を持つ犯罪映画を、
総称して「フィルム・ノワール」というそうですが、
これに近い作品として、本作は評価を受けているのだそうで。
「フィルム・ノワール」(仏語だと「怖い映画」という意味。)の代表作として挙げられていた
『郵便配達は二度ベルを鳴らす』『現金に体を張れ』『めまい』などは、
未観賞ながら興味あり、という作品なので早めに手をつけねば。
好きなんですよねー、犯罪映画。


公開時のタイトルは「BRICK」。
どうしてDVD化する時に邦題をつけるんだろう…。
私の好きな映画の1つ「ハロルド・スミスに何が起こったか」も
DVD化で「ミラクル・ショー」という邦題が後付けされましたが、
安っぽい印象になるのであまり好きではないんです。
低い知名度の映画の内容を分かりやすく、という目的は理解出来るんですがね。。

------------------------------------------------------------------------
南カリフォルニア郊外のサンクレメンテ高校。
一匹狼の高校生ブレンダンは、
ある日、排水溝に無惨に横たわる元彼女エミリーの死体を見つめていた──。
その2日前、ブレンダンは2ヵ月前に別れたエミリーから助けを求める電話を受ける。
しかし、彼女の話は要領を得ず、“ブリック”“ピン”といった謎めいた言葉を残して電話は切れた。
ブレンダンは唯一の親友ブレインの協力を得て、さっそくエミリーの捜索に乗り出すが…。
------------------------------------------------------------------------


話としては、シンプルなのですが、
アメリカンスクールの文化に明るくない私は、
話を理解するまでに、時間がかかりました。
なじみがないんだよね、コカインとか麻薬とか。(当たり前じゃ。)

構図としては、主役のブレンダンが探偵役、親友ブレインがブレーン(ここ、かけてる??)として
ブレンダンの元彼女の失踪事件を追いかけています。
不穏な空気感とか、怪しい人間関係とか、
少しずつ明るみになっていく様は、王道のサスペンスとして面白いし、
最後のドンデン返し(と言えるかどうかはさておき)も、まあ、そこそこビックリします。

ただまあ、怪しい人は最初から怪しいよね。という感じ。
サスペンスとかミステリーとかを好んで観るようになって浅い私でこれですから、
もっと見慣れている人にとっては、もしかしたら物足りないのかもしれません。

ただ、映像としてのセンスとか、演出は良いと思います。
20代のデビュー作でコレならば、才能ある監督なのではないかと。
『LOOPER』も脚本とか設定の作り込みが上手いなと思ったので、
この辺がきちんと活きていたんでしょうね。


今でこそ有名になったジョセフ・ゴードン=レヴィットですが、
当時の彼を始めとして、無名の俳優さんを起用したことが、
吉とも凶とも出ている気がします。
(日本とは違う)学園生活風景に感じられる日常感は良く表れてますが、
無名ばかり、且つ謎のワードが多いので、人によっては登場人物の見分けが難しいかも。

※そんなわけないよ、と思うでしょ??
馴染みのない名前で、みんな見たことない外国人俳優だと、
なかなか見分けはつかないこともあるんですよ。。。
(私の場合、特にアジア映画でこの傾向があり、ゆえにニガテ意識が強いのです。。。)



まあ、元彼女というだけで何でそこまで命張れるんだよ、という意見もありそうですが、
最後に明かされる真実で、個人的には納得。
なるほど、多分ブレンダン自身も途中からその可能性を少なからず疑ってたのかなとも思えます。
結局、最後には何も残らないんですが、
その辺も、犯罪映画としては王道なのかも。


如何せん、『LOOPER』を見てなかったらスルーしていた映画ですし、非常に地味です。
私がよく行くTSUTAYAの中で、3店舗中2店舗は取扱いなし…。
(ちなみに、GEOで見つけました。)

出来はそれほど悪くはないと思うので、興味があれば是非。
ミステリー的面白さでは『LOOPER』より若干上、華やかさでは下、という感じでした。
posted by tanako at 00:31| Comment(0) | それでも洋画には勝てない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: