2013年10月09日

チンピラどもが、夢の跡。[ヒーローショー]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ヒーローショー』
製作:2010年・日本
監督:井筒和幸(『パッチギ!』『岸和田少年愚連隊』)
脚本:吉田康弘(『キトキト!』)、羽原大介(『パッチギ!』『ゲロッパ!』)、井筒和幸
出演:後藤淳平、福徳秀介、ちすん 他
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


バラエティ番組に出演している時の井筒監督がキライで、あまり彼の作品を観ていません。
『ゲロッパ!』(フツー。)、『黄金を抱いて飛べ』(ビミョー。)はイマイチでした。

ライムスター宇多丸さんの評価が良く、私の前に見た相方の評価も割りと高くて。
公開時は1ミリも興味がなかったのですが、ならば、と観賞しました。
前作とか、監督の人格とか、そういったのは一切排除したつもりです。。

----------------------------------------------
お笑い芸人を目指しながらも将来の展望もないまま、
中途半端な毎日を送る気弱な青年ユウキ(福徳)。
彼は、元相方の先輩・剛志に誘われヒーローショーのバイトを始める。
そんなある日、バイト仲間のノボルが剛志の彼女を寝取ったことから、
2人はショーの最中に大乱闘を繰り広げる。
怒りの収まらない剛志は、知り合いのチンピラにノボルを痛めつけるよう頼み込む。
散々にやられたノボルは、仲間のツテを使い、
かつて地元で一目置かれる不良としてならした元自衛官の勇気(後藤)に報復の助っ人を依頼する。
やがて一連の抗争は張本人の剛志とノボルが怖じ気づくほどにまでエスカレート、
その渦中にユウキもなすすべなく巻き込まれてしまい…。
----------------------------------------------


観賞前後で印象が180度変わる映画でした。

公開時のキャッチコピーは以下↓↓↓


彼らの暴走は止まらない!
青春★バイオレンス★エンターテインメント!!

敗者復活戦、ねぇのかよ?
…もう一度生き直させてくれよ!




「敗者復活戦」なんかねぇよ!!何、その無駄な「★」の羅列。

…宣伝活動って難しいですね。


こんな能天気な映画ではありません。


本作は、"暴力は暴力しか生まない。その連鎖では何も解決しない。"
という意味を込めた、バッドエンドの映画だと思います。
ただ、面白かったのですが、
色んなところで言われている程の作品かなあ、と、ちょっと疑問符。



話はシンプル。やられたらやり返す。先取り半沢直樹。
ただし、こちらは暴力対暴力、短絡的な抗争から生まれる浅はかな悲劇です。
半沢直樹とは違い、知恵のない人達の報復の連鎖なんて、スッキリしませんよ。


序盤から中盤にかけては、非常にリアリティを重んじていると思います。
特に暴力描写や、若者の日常感。
都会とプチ田舎の対比や、薄く軽い人間関係など、
非常によく表れていると思います。

現実にあった事件が元になっているということで、
それに則した流れにはなっているのだろうけれど、
どう転ぶかが一切予想できない、不穏な空気感の勝利とでも言いましょうか、
映画作品としてのテンプレは、本作には該当せず、不穏な緊張感が全編通してありました。
その緊張感がまた、妙にリアルで、その辺のバランスも絶妙です。

前半の暴力描写が嫌悪感がハンパない、というレビューをいくつか見ましたが、
薄暗さが若干緩和してくれてはいるものの、確かにリアルだとは思います。
但し、この描写がチープなほど、作り物感が映画をつまらなくしてしまうこともあるので、
これも成功だと思います。


ただ、中盤から後半にかけての人情劇で、中心人物が明確になってしまうので、
(まあ、ジャルジャルが主演と謳っているしね。)
その後の展開が予想できてしまったのが少し残念でした。
どこまでも予想がつかないラスト、しかもそこに救いがない方が、個人的には好みだったかなあ。
それと、明確に中心人物に焦点を絞ったことで、
他の登場人物の描写が一切なされません。
まあ、大体想像はつくけれど、私は一瞬映すだけでもいいから、
ことの顛末としてちゃんと描いて欲しかったなと思います。
(説明くさくならない方法はいくらでもある気がするのだ。)


唯一最後まで描かれた主役2人の顛末は、まあ当然の報いですが、
私は、あの事件に関わった人間全員に感情移入が出来ないので、
全員が同罪だと思っています。
だから、勇気(後藤)とユウキ(福徳)に与えられた運命に、少し納得がいかない。
(ちなみに一番許せないのは寝取ったレッド野郎なんだけど。)
この映画の後日談として、きっと全員が何らかの罰を受けることにはなるんだろうし、
こういう団体で起こした事件について、必ずしも全員が平等に罰を受けるとは限らない。
そんな不条理も含めてのリアリティなんだと理解しました。

…でも納得できないので、この話、私は好きじゃないなあ、という結論なのです。


キャストについて。
ジャルジャルの起用はとても良かったと思います。(相方は特に後藤を褒めていました。)
後藤は、凶暴だけど中身は純粋で一本気な田舎のチンピラ、
福徳は、適当で軽薄で、人間的に弱い元芸人、
2人ともぴったりでした。イメージ通り。他キャストも合っていて、悪くなかったと思います。
特筆すべきは、ジェントル君。何あの雰囲気。素晴らしかったです。
少しだけ知っている(大学時代のバイト先が一緒でした。私のことは覚えてないだろうけど。)という贔屓目なしで、
彼がこの作品の不穏な緊張感を煽る存在として、一番輝いていたと思います。
だってすごく良い人だったのに、映画で見たら怖かったんだもの…。


映画としての出来は良いと思いますが、個人的には色々と消化不良な映画でした。
ただ、女子よりも男子にウケる映画だと思うし、
劇場で見たらもう少し違ったかなと思います。勿体無かったかしら。


…しかし、映画の予告編て難しいですね。
"こういうの期待して観に行ったのに!!!"と憤慨する場合もあれば、
"予想外で面白かった!!!"と逆に絶賛になる場合もある。それが醍醐味とも言えるんだけどね。
この映画は完全に騙されました。これが、吉と出たか、凶と出たか。
そこで、評価が分かれそうな映画だと思いました。
posted by tanako at 19:23| Comment(0) | やっぱり邦画がすき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: