2013年10月03日

青空と雪原と、笑顔。[南極料理人]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『南極料理人』
製作:2009年・日本
監督:沖田修一(『キツツキと雨』『横道世之介』)
脚本:沖田修一
出演:堺雅人、生瀬勝久
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


DVDで鑑賞しました。初めて観たのは3年前。
久々にディスクを見つけて、ああ観たいなと思い、ディスクIN。

ずいぶん前に見たのに、ふと思い出す映画ってあるじゃないですか。
本作は私にとって、そういう映画の代表格です。
公開時に映画館で見れなかったので、その後悔が未だにあるくらい、好きな映画です。

--------------------------------------------
南極観測隊員のひとりである西村淳(堺雅人)の任務は、
南極大陸のドームふじ観測拠点(標高3810 メートル)で
越冬する隊員8名分の食事を用意することだった。
西村は限られた食材と特殊な環境の中、
隊員たちを飽きさせないメニューを作るために奮闘する。
--------------------------------------------


南極の基地常駐の観測隊(??)のオジサン達の一年間を、調理担当者目線で描いた作品です。
日常系というのか、ロードムービーというのか、まあ、そんな感じです。
でも、全く退屈ではありません。

オムニバスっぽいので、「刑務所の中」とよく似てるな、と当時は思いました。
全編通してひとつひとつのエピソードに、笑いが散りばめられていて、それがとても心地良いです。
エピソードも、1つ1つ丁寧に描かれてているので、もっと軽いかなと思ってたら、意外と濃厚な2時間。
脚本も演出もよく出来ているし、何よりも映画全体の空気感がとても良いです

ペンギンもアザラシも居ない、菌さえも生存できない過酷環境の映像と、
うってかわって基地内の、何ともユルい日常風景。
その映像ギャップが、良い感じに映画を単調にせずに見せていると思いますし、
何よりも、私達一般人にとっての非日常だからこそのエピソードが興味深いし、飽きない。

そもそも原作がエッセイなので、ある程度のリアリティは当然のこととして、
一見すると単調なルーティンワークの中で、少しでも楽しみを見つけながら、
人とは少し違う日常を一生懸命過ごしている姿が、とても魅力的です。
『ここが電車で通えるところならいいのに…。』というセリフには、
やりたいことと現実のギャップに苦しむ現代社会人すべてに通じる葛藤が描かれているように思いました。


そんな本作の中で、 南極での観測業務には直接関係ないけれど、
生活必需品的な調理担当者は、その存在がまるで空気のように描かれています。

食事タイムがメインな映画なのに、誰ひとり『美味しい。』とは言わない。
『飯食いに南極に来てる訳じゃないからさー。』とか、無神経なことも言われる。
それでも、毎回の食事は抜群に美味しそうで。
いつも笑顔で、時には困った顔で、料理人はみんなの食事を見守るんです。

ただ、彼にも色々と思うところがあって後半ボイコットするんですが、
その後の『西村君、おなか空いたよ…。』と言われるシーンからの下りがとても素敵で、
最後の団欒シーンは、完全に家族に模した風景になっています。
お父さんが居て、おじいちゃんが居て、息子達が居て。もちろん西村料理人は、お母さん。割烹着がよく似合います。
お互いにぶつかり合いながら、次第に家族になっていくんですよね。


あと料理について凄いなあ、と思ったのは、
限られた食材で赴任期間の食事を賄うための創意工夫をしていること。
メインはラーメンの下りでしょうが、目つきが違ったよね、みんな。
表現が上手いなあ、と思いました。
(あれが事実ならば、調理担当者のスキルってすげーな、と。)


全編通して相当すきなんですが、中でも一番好きなのが序盤。
青空と一面の雪原が対比する美しい風景の中、
鮮やかなオレンジ色の防護服を着た、オッサン自転車2人乗り。
『本日のお昼ゴハンはおにぎりです。温かい豚汁も用意しています。』
…選挙カー!!!か、という笑いどころのシーン。
おにぎりの具材を、当たり目まで丁寧に説明してくれるんですが、
それに群がって走って来る、これまたオレンジ防護服のオッサン達。
この映画で一番可愛いシーンだなあ、と思いました・


主演の堺雅人は良いですね。
人畜無害そうな笑顔でさらっと毒を吐いたりする感じが素敵です。かなり好きです。
東京オレンジの頃は顔しか知らなかったけど、
いまや映画やドラマでは、欠かせない存在ですよね。
それほど演劇出身な感じがしないし、どちらかと言うと憑依型なのに穏やかな雰囲気も持っているから、
映像畑での主役としても違和感がないんでしょうね。

彼が注目され始めたのは大河「新撰組」の山南敬助です。
歴女ではないながら、新撰組には思い入れがある私の微々たる知識の中で、
山南氏は見せ場のある人ですよね。さりげなく副長だしね。
それを上手く演じたのだろうな、と思うと観てみたくなるなあ、「新撰組」。

ちなみにどうでもいいですが、この映画の堺雅人、個人的にどストライクです。
最初から良いんだけど、後半の伸びっ放しのロン毛さえも良い。
出演作の中で、一番好きですね。この役。

他のキャストも、お世辞抜きで、全員良かったです。
生瀬も、きたろうも、豊原功輔も、高良健吾も、すごく良かった。
あと、名前は知らないけどよく見る、他隊員の役の人(調べろや。)も。
堺雅人の娘役の子もうまい。息子も可愛かったし。西田尚美なんて最高です。

何度観ても、ほめちぎるコトしか出来ない映画なので、まだ見てない人は是非。
私は、2時間ずーーっと、ニヤニヤしながら観てましたよ。
posted by tanako at 22:16| やっぱり邦画がすき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする