2013年09月26日

空気読むゾンビ。[ショーン・オブ・ザ・デッド]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ショーン・オブ・ザ・デッド』
製作:2004年・イギリス
監督:エドガー・ライト(『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』)
脚本:エドガー・ライト、サイモン・ペグ(『宇宙人ポール』)
出演:サイモン・ペグ、ニック・フロスト
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


スリー・フレーバー・コルネット三部作
(↑wikiに書いてあったままの名称ですが、多分監督と脚本家のユニット名だと思います。)として、
最初に製作された映画だそうです。日本では未公開。
『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』(2007年)を観た相方が、
こっちも、と借りてきたので一緒に鑑賞。
ちなみに三部作の最後は『The World's End』という作品で7月に公開されたようです。

------------------------------------------------------------------------
ロンドンに暮らすショーン(ペグ)は、いい歳して人生の目標や目的を持たぬまま、
親友のエド(ライト)とパブに入り浸るばかりの冴えない毎日を送っていた。
そんな彼に長年の恋人リズもついに愛想を尽かしてしまう。
このままではいけないと自覚したショーンは、リズとヨリを戻すため、
これまでのだらしない生活を改めようと決意する。
ところが、ショーンが恋人のことで頭がいっぱいになっている間に、
街にはゾンビが溢れ、生きた人間を次々と襲っていたのだった…。
------------------------------------------------------------------------


『ゾンビ』のパロディ、という知識だけで観たのですが、思いのほか楽しめました。
吹き替え+日本語字幕で観られる、というのはDVDならではの贅沢ですね。
翻訳家・日本語脚本の腕の見せ所でしょうか。

低予算なので、ゾンビにも血にもお金かかってなくて、
でもその分、親近感も沸くし、好感も持ちました。
『スペル』と前後して観たのだけど(どっちが先かは忘れたけど)、
違った意味で、こだわったホラーコメディだなと。


主演の2人は『宇宙人ポール』の主役・オタク2人組だそうですが、
相方と共に気づきませんでした。わはは。
多分、彼らの(いい意味での)スター性の無さが、
2作品(+相方は鑑賞済の『ホット・ファズ』も含めて)に、いい味を出してるんだろうなと思います。

それと、彼らは脚本も兼任しているのですが、
自分達で書いたセリフの間とかを100%理解した上で演じているので、
テンポもすごく良いし、非常に見やすいです。
作り手として、実力のある人たちなんだと思いました。
(でも私は観ている間中、「エドに腹立つ!」と言い続けてましたが(笑)。)


物語については『ゾンビ』を観たことがないので比較出来ませんが、
リメイク作の『ドーン・オブ・ザ・デッド』と比較すると、スピード感はないです。

当たり前だよね。
『ドーン〜』のゾンビ、速いんだもん、走るのが。
(そこがすごく良かったので、
私の中では珍しく高評価なホラー映画なのですが。)

こっちのゾンビは動きがゆっくりで(これは元の『ゾンビ』に習ったのか。)、
でも、大群で向かってくる割には、ここぞというシーンで襲ってこない(笑)。
フツーは気付くだろ!!という''木は森に隠す''作戦とか、
絶対に無理があるけど、そこはやはりコメディですから。
そういうリアリティなんか、まあ、この映画においては必要ないよね。

でも、パロディながらも、シリアス要素の配分が意外と絶妙で、
情けなくてダメ男だったショーンがどんどんカッコ良くなっていく様子や、
最後までダメかと思っていたエドの見せ場とかもしっかりあるし、
親子愛、友情、そして恋愛の要素もありながら、
広げまくった風呂敷をしっかり畳んで、最後は大団円にまとめてます。
ああ、この脚本上手いんだわ、と思いました。


まとめ方は、『ドーン・オブ・ザ・デッド』のバッドエンドと比べると、
非現実的ではありますが(だってフィクションだもんね。)、
"みんな幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし。"の方がハッピーで良いです。
押し付けがましくなく、無理のないハッピーエンドは見ていて気分がいいですね。


例えば、一昔前に流行った『最終絶叫計画』と比較すると、
かなり上のレベルの映画だと思います。
『最終絶叫計画』を(当時)VHSで観たとき、何が面白いんだろう、と思った記憶がありますが、
一言でパロディと言っても、色々あるんですね。
(『最終』シリーズ好きな人ゴメンナサイ。)

TSUTAYAとかでは余り目に留まることは少ないかもしれないけれど、
日本未公開、というのは勿体無い良作だと思いました。
B級ホラーコメディとして、『スペル』とはまた違った視点で楽しめる作品だと思います。
posted by tanako at 07:39| Comment(0) | B級洋画バンザイ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。