2014年02月04日

そんな男はやめておけ。[テッド]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『テッド』
製作:2012年・アメリカ
監督:セス・マクファーレン (『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』)
脚本:セス・マクファーレン 、アレック・サルキン 、ウェルズリー・ワイルド
出演: マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス、セス・マクファーレン
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


友人(女子)は、ちょっと下ネタの入ったラブコメを好みます。
「テッド」は映画館で2回は観たと言っていて、
更にお買い上げしたDVDを、お家に遊びに行ったときに見せてもらいました。

別の友人(女子)は、内容を知らずにお母様と2人で観に行き、
どんな顔していいか分からなかったとのこと。そりゃそうだ。

どっちの友人もファンキーだぜ。

-------------------------------------------------
いじめられっ子からも無視される孤独なジョンは、
クリスマスプレゼントとして贈られたテディベアと友人になれるように祈る。
彼の願いが通じたのか、テディベアに魂が宿り、
ジョンにとって唯一無二の親友テッドとなる。
それから27年の月日が経ち、中年となっても親友同士である
ジョン(マーク・ウォールバーグ)とテッド。
一緒にソファでくつろいでは、マリファナをくゆらし、
映画を楽しんでいる彼らにジョンの恋人ロリー(ミラ・クニス)はあきれ気味。
ジョンに、自分とテッドのどちらかを選べと迫る。
-------------------------------------------------


コメディとしては、王道展開も王道展開です。
さえない主人公達が、一念発起して成長する物語。
大人になれない大人の成長、という意味では、
「ショーン・オブ・ザ・デッド」に通じるな、というのが第一印象でした。

でも、「テッド」の方が、より下ネタが強烈な分、少し引きます(笑)。
「ショーン〜」は"下"じゃなかったからね、どちらかと言うと。
とは言え、オールジャンルいける私には、然程。もっとエグイのはいくらでもある。
コメディとして出来る範囲で明るく楽しく、笑いに昇華させてる感じはしました。

下ネタの許容度で、評価が分かれる映画だとは思います。
でもまあ、やっぱりキホンはハートフルにも展開するコメディだし、
私は、途中で若干飽きたけど、総合的に観ればキライじゃないです。


ちなみに。

私が飽きたのは、先の展開が読めたからではなく、
途中で繰り返される、不毛な言い争いに辟易したからです。
ものすごく野暮なこと言いますよ、私。
とりあえず、お前、自分が悪いこと認めろや!!!と思ったんですねー。誰とは言いませんがね、マーク。
これがあっての、和解、からのハッピーエンド、というのは分かってるんですが、
どうにもこうにも、人間的魅力が薄いオトコがキライなようです、私。
(逆に言えば、極端でも筋を通していれば悪役でも好きですよ。)

テッドがどうというよりも、
主役に魅力がない、というのはちょっと痛かったなー。
あ、主役はテッドか。じゃあいいのかね。

それと、ヒロインが超絶美人です。ぐうの音も出ない。
ミラ・クニス。名前覚えたよ。
これは相当なオススメポイントです。本当に美しい。
故に、何であの男とつきあってるのか、深まる謎。




本作公開時、TVで予告編をバンバン流してましたが、
笑いどころは、それ以外にも結構あると思います。
話の展開が浅い分、そこはなるべく多くしたのかな。

本作を紹介してくれた友人は帰国子女なのだけれど、
「日本語字幕と若干意味が違っている」ギャグ要素も多々あるとのことで、
そういう楽しみ方もあるんだなあ、と。
多分、原語の方が真の意味で楽しめるはずなので、
学校英語の使えなさが嘆かわしくなりますね、こういうとき。


ラストは、これ以上もこれ以下もない、100点のハッピーエンドなので、
映画としての出来は良い方だと思います。

ただ、最近観てきた映画と比較すると、
予想外のことが起こらないことと、えげつないジャンルの下ネタの応酬を踏まえ、
私の好みとは少し違うかなとは思いました。


とは言え。
TSUTAYAのレンタルランキング、すげー高いんですよ。2013年第1位だって。
みんな、映画館には行かないけど、レンタルでは観たいんですねわかります。

大人数でワイワイ、お菓子つまみながらの鑑賞には最適な映画だと思いますので、
そういう場では、是非「テッド」を観ながら、
主役へのダメ出しを楽しんで下さい★
posted by tanako at 21:15| Comment(0) | B級洋画バンザイ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。