2013年10月22日

精力剤は未来も健在。[ブレードランナー]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ブレードランナー』
製作:1982年・アメリカ/香港
監督:リドリー・スコット(『エイリアン』『グラディエーター』)
脚本:ハンプトン・ファンチャー、デヴィッド・ピープルズ(『許されざる者』『12モンキーズ』)
出演:ハリソン・フォード、ルトガー・ハウアー、ショーン・ヤング
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


最近読んでいる本とか、映画批評とか、特集番組とか、諸々、
相方と私が敬愛してやまない方々が、
何度も引き合いに出している映画「ブレードランナー」。

タイトルだけは超有名ですが、かすりもせずに30年。
相方も私も、観ようとするタイミングで、いつも睡魔が襲ってくるという
何だか呪われた風な感じでしたが、ようやく観ました。

-----------------------------------------------------------------------
2019年、地球環境の悪化により人類の大半は宇宙に移住し、
地球に残った人々は人口過密の高層ビル群が立ち並ぶ都市部での生活を強いられていた。
宇宙開拓の前線では遺伝子工学により開発された「レプリカント」と呼ばれる人造人間が、
奴隷として過酷な作業に従事していた。
レプリカントは、外見上は本物の人間と全く見分けがつかないが、
過去の人生経験が無いために「感情移入」する能力が欠如していた。
ところが製造から数年経てば彼らにも感情が芽生え、人間に反旗を翻す事態にまで発展した。
しばしば反乱を起こし人間社会に紛れ込む彼等を「処刑」するために結成されたのが、
専任捜査官“ブレードランナー”である。
タイレル社が開発した最新レプリカント"ネクサス6型"の男女6名が人間を殺害し脱走、
シャトルを奪い、密かに地球に帰還し潜伏していた。
人間そっくりなレプリカントを処刑するという自らの職に疑問を抱き、
ブレードランナーをリタイアしていたデッカードだったが、
その優秀な能力ゆえに元上司ブライアントから現場復帰を強要される。
捜査のためにレプリカントの開発者であるタイレル博士に面会に行くが、
タイレルの秘書レイチェルの謎めいた魅力に惹かれていく。
レプリカントを狩ってゆくデッカードだが、
やがて最後に残った脱走グループのリーダーであるバッティとの対決の中で、
彼らが地球に来た真の目的を知る事になる。
------------------------------------------------------------------------


今回も、最初の方でウトウトしていた私。
何でだろうね、ハリソン・フォードが多分ハマらないんだろな、個人的に。

この考察については、各所で色々と展開しているのは知っていて、
それを改めて論じようと思うほど、私には響きませんでした。


私達が観賞したバージョンは「ファイナル・カット」と言って、
監督のリドリー・スコット自らが再編集したバージョンなのだそうで、
だから、つっこむべきところもなく、一番シンプルな形で完成されていたのではないか、と。

相方は好意的な見方でしたが、個人的嗜好もやはり大きいのかなと。
正直な感想としては、面白いんだろうけど、私には合わなかった。
なので、世間で論じられている内容についてはwikipediaを読んでもらうほうがいいと思います。
長々と書く気にならなくてー。。。(じゃあブログなんか書くなよ…。)


私の浅い理解としては、レプリカントが訴えたかったのは死に対する恐怖であり、
人間に対しての反抗心ではなかったんだよう!!!ということは分かりました。
そっちの方が何だか人間臭い考え方だし、
レプリに芽生えた感情をより濃く現していたように思います。

対して、人間の方は、結構機械的に物事を考えていて。
特にデッカードに言えることだったんですが、私には、ちょっと彼の心情が読み取れなかった。
何を考えて行動しているのか、さーっぱり。
どうしてレイチェルに惹かれたのか、とかもさーっぱり。
まあ、感情が読み取れないからこそ、
"デッカードもレプリじゃないか"みたいな説も生まれたのかもしれないし、
私も一瞬考えたけど、そうじゃないような気がするなあ。
とはいえ、ここがこうだから違う!!!というような根拠もない感覚的な感想なので、
深く論じるのは止めておきます。

前述した、専任捜査官はじめレプリカントを追う側である"人間"の機械的さや、
他(ここではレプリカントを指しますが)を排除しようとする文化などは、
発展し過ぎて失われていく人間らしさを危惧し、
人間という存在をちょっと皮肉っている印象も受けました。


本作は近未来のお話ですが、
リドリー・スコットは、未来をこう想像したのかなあ。
2019年なんてすぐそこですが、
20〜30年前の映画の''未来感''て、
監督の想像力が存分に表現されていて、
今観ると、すごく興味深いです。



名作だ名作だと評されている作品なので、期待値が高かった、というのはあると思いますが、
如何せん、私のニガテなタイプの映画でした。
ハリソン・フォード然り、SF然り。
響く人には響くんだろうなあ。と思うと、自分の映画見る目の無さが悔やまれるとともに、
今後、名作と評されている作品に手を出すのが、聊か怖い気もしますね。


まあ、いいよ。だって勝手な覚書ブログだものー。(開き直りっ。)

なので、おすすめだとか何だとかは言えませんので、
観ましたー、ということだけ、備忘録として残します。
posted by tanako at 23:28| Comment(0) | クラシック洋画キャンペーン。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。